ちば物産は千葉県産落花生のおいしさをお届けします。

商品カタログ

TOP > 落花生Q&A >

落花生の栽培

落花生ができるまで~落花生の育て方~

5月~6月頃
青空の下、落花生の種まきの季節を迎えます。
落花生は数日で芽を出し、円形のかわいい葉が出ます。
夜になると休めるように葉を閉じます。
そして朝になると目覚め成長します。
6月~7月頃
落花生の成長期前の準備に入ります。
梅雨の間エネルギーを貯えて夏の成長期に備える時期です。
7月~8月頃
梅雨の終わり頃から地面の近くに、蘭の形のような、
黄色くて小さな花が沢山咲きます。
夏に向かって背丈がどんどん大きくなります。
8月頃
この時期、花が咲き終わった後、子房柄が伸びて土にもぐろうとしています。
これがちるまれる落花生の由来です。
9月頃
落花生の葉も畑いっぱいに広がって、
地面の中では莢がぷっくりとした形に成長しています。
莢の網目模様は栄養分を土から吸収する役目があります。
9月下旬~12月初旬
沢山の実をつけた落花生。収穫の季節がやってきました。
掘出した実を畑でしっかり乾燥します。
これが「ぼっち」と呼ばれています。
ぼっちで乾燥させた落花生は甘みがまして格別です。
ぼっちを壊して脱穀した落花生を、工場に出荷したのち、
水洗いをし天日干しをしております。
こぼれた小さな実を小鳥たちが啄んでいる光景。
皆さまのお手元に届くのはもう間近です。